賃貸物件では静音性は重視した方が良いです。着地衝撃による「音&振動」を軽減するランニングマシンも複数あるのでご紹介!

 

ポイントは、

  1. 静音機能が付いていること(当然)
  2. 有名メーカー品を選ぶこと
  3. ある程度上位スペックの商品を選ぶこと

 

やはり、無名のメーカーより有名なメーカー品の方が良いです。(具体的は、アルインコやリーボック、バーウィング、ジョンソンなどです)

 

培ってきたノウハウ・信頼性に裏付けられた品質です。同じような価格帯であっても、静音性の差が出てきますから。

 

それから、あまり安すぎない商品を選ぶことも大切です。正直な所、万全を期すのであれば10万円~の商品が良いでしょう。。

 

しかし、そんなことも言ってられませんよね・・・?ですので、「コスパ重視」「静音機能にも信頼が置ける商品」を紹介します!

静音モデル(5万円以下)

この価格帯でオススメできるのは以下の3商品です。

  1. AFJ2019A
  2. AFR1115
  3. EXJ2115

いずれも「老舗アルインコの製品」で、衝撃吸収のゴムクッション・クッションラバーが搭載されており、防音・振動低減に効果を発揮します。

※この価格帯では、本格的なランニングができるマシンは存在しません・・。(静音性を犠牲にすれば別ですが)

 

いずれも、最大速度10km/hの製品であり、ジョギングペースより少し早いペースが最大速度となります。

その他、スペックの違いを一覧表にしておきます。

AFJ2019A AFR1115 EXJ2115
静音機能 ゴムクッションラバー
折りたたみ
傾斜設定 不可
プログラム 12種類 無し 2種類
アマゾン評価 4.2(24件中) 4.0(32件中) 4.0(33件中)
連続使用時間 90分 30分 30分
ベルト長さ 1100mm
ベルト幅 400mm 345mm
速度 1~10km/h

 

AFJ2019Aが傾斜設定はできないものの、プログラム数が12種類と豊富で連続使用時間も長い。さらにベルト幅も広く、ジョギングの中でも真剣に取り組みたい方にオススメです。

 

AFR1115とEXJ2115の違いは「トレーニングプログラムの有無」です。AFR1115にはプログラムが搭載されていませんが、その分お値段が数千円リーズナブルです。単調なランニングでも飽きないという方はAFR1115でOKでしょう。

静音モデル(5~10万円)

この価格帯でのオススメの静音ランニングマシンは以下の2つ

  1. AFW1011
  2. FE32E

 

AFW1011は、おなじみアルインコの製品。FE32Eはアメリカ・ロサンゼルスに本社がある「フィットエリート」というメーカーの製品。日本では馴染みが薄いメーカーかもしれません。

 

同じくスペックを比較してみたいと思います。

AFW1011 FE32E
静音機能 衝撃吸収ラバークッション 衝撃吸収のショックアブソーバー搭載
折りたたみ
傾斜設定 可(手動) (電動)
プログラム 6種類 22種類
アマゾン評価 3.6(54件中) 3.9(16件中)
連続使用時間 60分
ベルト長さ 1200mm 1230mm
ベルト幅 400mm 415mm
速度 1~16km/h

全般的な機能・スペックとしてはFE32Eの方が優れています。特に、傾斜設定において「電動設定」であるのはこの価格帯ではかなりレアな商品でしょう。プログラム数も22種類豊富で、ベルトの長さ、幅共に申し分なし!

 

スペック面、価格面では申し分なしなのですが、1点だけ課題が。

 

それは、日本でなじみの薄いメーカーであること、日本には販売代理店は存在せず(私が調査した限り)、米国法人の日本人スタッフによる運営であることから、アフターサポートが心配だな・・・。という懸念があります

 

選び方のポイントをまとめると

  • 信頼性重視、アフターケア重視なら、アルインコのAFW1011
  • スペック、価格重視なら、フィットエリートのFE32E

静音モデル(10万円~)

このクラスになると、準業務用の製品も存在し、静音モデルの選択肢が広がります。中でもおすすめの商品を紹介したいと思います。

 

正直、この価格帯ではオススメしたいモデルばかりです(笑)このモデルを検討する方は、本格的なランニングを想定されている方だと思うので、確実に「ハードに走れるモデル」をご紹介します。(もちろん静音性は兼ね備えたモデルです)

 

おすすめは以下の2商品

  1. BARWING MAX20km/h(型番:BW-SRM20)
  2. Horizonトレッドミル Adventure1

 

例によって比較表です。

BW-SRM20 Adventure1
静音機能 セパレート衝撃吸収システム VRCクッション
折りたたみ
傾斜設定 (電動)
プログラム 3種類+カスタム 10種類
アマゾン評価 4.2(18件中) 4.7(3件中)
連続使用時間 99分 99分
ベルト長さ 1400mm
ベルト幅 510mm 495mm
速度 max20km/h max18km/h

 

BARWING(BW-SRM20)の方は準業務用で、セパレート式衝撃吸収の「超静音モデル」です。最高速度も20km/h(キロ3分ペース)と、いかなるレベルのランナーでも申し分無しでしょう。

 

上記モデルはどちらも静音性には優れ、家庭用の中では最上位のモデルです。正直、どちらを選んでも満足度に大きな差は無いでしょう。このレベルのモデルでは、あとは「価格との相談」になります。

 

※1点注意:

BARWING(BW-SRM20)は、楽天での価格が超高額です。アマゾンの方が圧倒的に安いので、特別な理由が無い限り(楽天ポイント消費など)アマゾンでの購入が良いでしょう。