BARWING(バーウィング) ルームランナーMAX16km/hの特徴3選

  • 「静音性」「走れる」「高コスパ」を実現したモデル
  • 5層ベルトで脚・関節への負担を軽減
  • 20種の豊富なプログラム搭載で飽きないトレーニングが可能

 

信頼のバーウィングから発売されている最大速度16km/hで走行可能なモデル。

高速域で走行可能なモデルは、生じる音への対処が課題となりますが、見事に克服した商品。

「静音性」と「走れる」を両立した希少なモデルです。6km/hで走行時の騒音は僅か56dbです(エアコンの音、静かな事務所などと同じレベル)

商品価格に関しても、類似スペックの他社製品と比較してもリーズナブルです。

走行ベルトが5層構造になっており、走行時の耐摩擦性に優れるだけでなく、着地衝撃を緩和し脚や関節に優しいクッション構造となっています。

1点だけデメリットを挙げるとするならば、最高走行速度に対して「走行ベルトの長さが少々短い」ということです。16km/hで走行するのであれば、1300mm程度は欲しいかな?と思います。

 

  • メーカー:BARWING(バーウィング)
  • ベルトサイズ:1225mm×400mm
  • スピード設定範囲:0.3km/h~16km/h
  • 静音性と衝撃吸収機能:特殊素材クッションラバー
  • 折りたたみ:可
  • 傾斜設定:不可
  • 心拍数計測:可
  • プログラム機能有無:20種類
  • アマゾン評価:4.2点(379件中)
  • 連続使用時間:99分

 

特徴を一言で言うなら・・・

とにかく高いコスパが魅力!キロ5分ペースまでならしっかりランニングできるモデル!

BARWING(バーウィング) ルームランナーMAX16km/hの特徴

「静音性」「走れる」「高コスパ」を実現したモデル

最大速度16km/hで走れる「準」本格ランニングモデルです。アマゾンレビュー数も多く人気の商品。大会に出場するようなランナーにも愛用されています。

走行性&静音性だけでなく、このスペックで5万円以下の高コスパを実現しているのも驚きです。

「準」本格モデルとしてのは、上述したようにベルトの長さが少々短いこと。1キロ5分ペースまでであれば余裕をもって走行できるサイズ感だと思います。

5層ベルトで脚・関節への負担を軽減

着地衝撃による耐摩耗性に優れるだけでなく、高い静音性にも貢献しているのがこの「5層ベルト」です。

特殊クッションがベルト下に6点配置されており、「クッション性」と「静音性」をサポートします。

ベルト全体をサポートするクッションラバーも付属しており、これらの総合力で高い静音性と足腰への負担軽減を実現しています。

20種の豊富なプログラム搭載で飽きないトレーニングが可能

ランニングマシンでの運動は、景色が変わらず飽きやすいというデメリットがあります。

一定ペースでの単調なランニングは、さらに飽きやすく、結局ルームランナーはお蔵入り!という方を何人も知っています。

そんなときに役立つのがトレーニングプログラム。ダッシュ&レストの「インターバルトレーニングさながら」のメニューなど、全20種類のメニューが搭載されており、飽きることなくトレーニング可能です。