トレッドミルAdventure1の特徴3選

  • 本格的なランニング、トレーニングが可能
  • 足や腰の負担を軽減できるVRCクッション搭載
  • 傾斜やスピード設定が簡単にできる

 

HORIZONではスポーツクラブなどで導入されているランニングマシンなども開発、製造しています。

こちらのマシンは家庭用ですが本格的な作りとなっています。最大速度は18km、しっかり走り込みできます。

傾斜設定も最大10%アップできますので脚の筋肉のトレーニング効果も抜群です。

製品チェックは国内でも実施されていて安心です。

高速ランニングでも安心のしっかり幅がある走行ベルトを採用しています。

LEDディスプレイは見やすく分かりやすいボタン配置です。

油圧式のフェザーライトフォールディングになっていて折りたたみがゆっくり安全に行えます。

 

  • メーカー:Horizon
  • ベルトサイズ:1400mm×495mm
  • スピード設定範囲:1.0km/h~18.0km/h
  • 静音性と衝撃吸収機能:VRCクッションで衝撃や音を吸収
  • 折りたたみ:可
  • 傾斜設定:可
  • 心拍数計測:可
  • プログラム機能有無:10種類
  • アマゾン評価:4.7点(3件中)
  • 連続使用時間:99分

特徴を一言で言うなら・・・

本格ランニングマシンで脚の筋力アップにもおすすめ

トレッドミルAdventure1の特徴

本格的なランニング、トレーニングが可能

最大18kmまでスピードが出せるランニングマシンなので毎日沢山走りたい人におすすめです。

雨の日もランニングマシンなら自宅で走れます。

傾斜角度をつければ負荷をあげたトレーニングになり太ももの筋肉を鍛えることもできます。

高速にすると走行ベルトから脚を踏み外してしまう心配がありますが走行ベルトの幅が非常に広いマシンなので安心です。

足や腰の負担を軽減できるVRCクッション搭載

高速で走ると足や腰への負担がよりかかってしまいます。

ウォーキングの場合はひざに衝撃がかかることがありませんが走ると体重の3倍ほどの負荷が膝にかかるとされています。

しかしこのランニングマシンにはVRCクッションというものが搭載されているのでこの負荷を少し和らげてくれます。怪我の予防にもなります。

ウォーミングアップやクールダウンはしっかり行いましょう。

傾斜やスピード設定が簡単にできる

大きなモニター、操作しやすいディスプレイとなっていますが走っている時にモニターを操作するのは危ないです。

スピードを落とさないで操作ができるようにワンタッチで傾斜や速度の変換ができるショートカットキーが用意されています。

運動中に急に停止すると体に負担がかかってしまうのですが、スピードを落とさないで操作ができるので体への負担も少なくなっています。